ベルリンから人生敗者復活戦。

ワーキングホリデーの失敗談を綴る。その失敗の過程と、失敗から出直す、敗者復活戦の過程も勝手に配信する。

前書き、みたいなもの。

前書き

 

 このブログではベルリンにワーキングホリデービザで滞在している日本人のアラサー女子が、舐めた考えで就職活動していて痛い目にあって、そこから「敗者復活戦」と心機一転、心を入れ替えて就職活動を頑張る、その過程を記録しています。また、結論からいいますと、就活には一応成功しましてお仕事を得ることが出来ました。十話目以降の今後更新するブログの記事は「ベルリン生活」か「ベルリンでの仕事に就いて」に関する普通の記事になると思います。「あいつ、ちゃんと働いとるんか?」と気になった時にでも覗いてもらえたらいいな、という程度のゆるいブログでやって行く予定です。

 

「ドイツって言ったらソーセージやろ?」って言われるから証拠に写真のせときます。

f:id:morianna:20170201003032j:plain

 

こちらのブログの主旨は下記3点です。

 

①ワーホリにおける就活の失敗談と立ち直る過程を晒す

 世の中に溢れる「海外就活」の成功談ばかりのブログ記事のなかに、「失敗談とその失敗から立ち直る過程」を書いた記事があまり見当たらなかったので、じゃあ私の失敗談を置いておこうか、と思って書き始めました。あとヤバすぎて焦りまくる自分を客観視する為に書き始めたのもキッカケです。

 

②もちろんベルリンでワーホリする意義も存分に伝える

私自身ベルリンが好きで、ベルリンがあるからドイツ行きを決めたようなものなので、ベルリンでワーホリをする良さと、ドイツをワーホリ先に選ぶ利点などは書けるだけ説明したいと思います。

 

③せめて何か海外就活に役立つ情報を書き残す

 この部分はメモ程度ですが、一応の体験談と自分が使ったツールなどは紹介します。が、この部分は「海外就職、成功、アドバイス」みたいな記事が沢山世の中にはあるので、あんまり私が出しゃばる必要性は無いかと思って、一記事にガーン!とまとめる程度にしています。

 

 実体験をまとめた長い就活日誌だと思って頂ければ幸いです。十話目以降は未定かつ普通のベルリン紹介記事、もしくは海外での仕事で感じた日独での違い、とかそんな感じのものになる予定です。

 

「ベルリン人生敗者復活戦」って大袈裟な(笑)

 最後にタイトルの「ベルリン人生敗者復活戦」という仰々しい言葉に関してですが、ベルリンでの就活の失敗から立ち直る、という意味合い以前に、日本での生活からの挫折から立ち直る、という意味合いもあります。ワーホリでベルリンに来る以前、まあ素敵に立派にダメダメでしたので。「ベルリンで新しい生活を築いて行きたい」という気持ちが入っております。ゼロから全てやり直しなので、「ベルリン人生敗者復活戦」とするのは、就活のみならず人生そのものを考え直す、という大きな意味合いも含んでおります。ゼロスタート、大変ですけど積み上げるだけなので気持ちのいいものもあります。その過程を就活終了後も、「ベルリン生活」などの記事を通して、「日本の生活」と比較して、どのようなところを豊かにすることが出来たか、そんな進歩があれば書き残せたら良いなと思います。十話までの現段階(2017年1月)では、とりあえず生活の基盤がやっと整ったなあ、という感じです。いまからベルリンでの本当の生活がスタートする感じ。(そういって3ヶ月ぐらいで帰国したら笑える!と先にディスっておく小心者。)